~風吹くままに 心のままに~

kazemachit.exblog.jp ブログトップ | ログイン

『越乃雪』 日本三大銘菓その3

さて、日本三大銘菓のラストは新潟長岡『越乃雪』の登場です。
このお菓子を作る越乃雪本舗大和屋HPの由来によれば、
長岡藩9代藩主牧野忠精公がこれを食べて病気が治癒したことから、
同公より越乃雪の名称を賜り、藩内に留めおかず比類なき銘菓として
全国に知らしめるべしとのことで藩主や藩士の参勤交代の贈答品などに
盛んに求められたため、江戸をはじめ蝦夷地や上方にまで広く知られる
ようになり、また町方や在方の冠婚葬祭にも使われたとか。
a0068278_21385044.jpg
そのためか、エピソードも多く『米百俵の精神』の小林虎三郎
師佐久間象山への贈り物として、また長州の高杉晋作
亡くなる十日ほど前、今年の雪見はもうできないからと
見舞いにもらった『越乃雪』を傍らに置いてあった松の盆栽にふりかけて
雪見の名残をされたとか。
さらには明治天皇を初め岩倉具視、大隈重信などの明治政府高官や
長岡出身の山本五十六元帥もこよなく愛されたお菓子だということです。
高杉晋作:雪見盆栽イメージ(写真:慈眼寺HP管理人さんのひとり言道から)
a0068278_2139401.jpg
なぁるほど。。。高杉晋作:風待ちの大好きな維新の志士の一人。
もうそれだけでワクワクだったのですが。。。実はこの越乃雪、
相当に手ごわいお菓子だったのです。何が手ごわいかって?
見た目は、金沢『長生殿』、松江『山川』と同じく落雁系の砂糖菓子かと
思いましたが、箱からひとつ摘もうとした瞬間にそのイメージはもろくも
崩れます。。。と同時に越乃雪も崩れます。
a0068278_2140748.jpg
崩れやすいから。。。との添え書きを読まず、無造作に触ると
とんでもないことになります。。。ネットでこの越乃雪のことを書かれている
皆さんのご忠告を大変甘く見ておりました。とにかく、崩れ方が半端じゃなく、
腫れ物にでも触るかの如く、というより指で口に入れることは困難と早々に諦め、
スプーンですくってようやく食べられた次第です。これならば晋作の雪見盆栽
イメージも頷けます。
a0068278_21403622.jpg
味の方は、長生殿や山川の落雁系のイメージとは更に違い、
食感は砂糖をまぶしたきな粉のような感じ、はたまたコーヒーに入れる
クリープをそのまま口にした感じと言えばイメージが湧くでしょうか。
さらにきな粉のようなまとわりつく感じも無くさらっとして、じゅわぁ~と
とけていくまろやかな甘さはなんともたとえ様がなくたまりません。
a0068278_21412553.jpg
材料は長生殿や山川と同じく、餅米を越の雪のためだけに加工した粉と
阿波の国徳島から高級和三盆糖を押し物にしたとのことです。
現在国内で和三盆を製造しているのは香川、徳島の周辺で、
特に徳島の和三盆は高級とされ、全国の有名なお菓子屋のほとんどが
これを所望するとか(金沢長生殿もそうですね)。
いわば徳島の特産品で近年大変注目されているらしく、そのなかでも
越乃雪用に特別調整の高級和三盆を作る岡田製糖は、当地でも
大変な人気で観光スポットになっているほどです。
仕事で徳島を訪ねることも多々あり、勿論岡田製糖の話も聞いたことが
ありますが、まさかそこまでとは思っておらず、今度是非行ってみたいと
思いました。参:岡田製糖公式HP

3回にわたって紹介した、日本三大銘菓。。。いずれも甲乙つけがたく、好みにもよると思われます。また、これらの落雁系の有名な干菓子は他にも全国で負けず劣らずのものも多数あるようです。

とかく日本三大○×△が好きな日本人、その基準はそれぞれのお国自慢であったりすることが多い様ですが、この銘菓に関して言えば、江戸時代初期~中期にかけて作られ始めたルーツがしっかりしていること、いずれも当時の藩主御用達であること、そこに何がしかのエピソードが付いていることなどが三大銘菓といわれるようになった所以であるようですね。
一説には三大銘菓には福岡の鶏卵素麺も加わるとか。みなさんも是非取り寄せるなり、百貨店で購入するなりして食べてみてください。(ちなみに東京では長生殿、山川=池袋西武、越乃雪=日本橋三越、新宿高島屋などで販売しています。。。)

先日のバレンタインデー。。。チョコレートの無きことを予想した風待ちは
取り寄せた金沢『長生殿』、松江『山川』、長岡『越乃雪』で甘ぁ~く
盛り上がっていまぁす。。。うぅ、今月末までこの甘さを引っ張りそう???
by kazemachitaro | 2006-02-16 22:08 | 風の旅 お土産紀行
line

 のんびり気ままな      ちょこ旅ブログです


by kazemachitaro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30