~風吹くままに 心のままに~

kazemachit.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:風の旅 ベストホテル( 4 )

チョットネタつなぎ。。。ル・メリディアンプーケットヨットクラブ

  風待ちの数少ない海外旅行経験の中で、2月に紹介した
  ベストリゾートの続き。。。
  パスポートも失効した今では、海外リゾートの最後の訪問となったのが
  ル・メリディアンプーケットヨットクラブ(公式HP)(タイ:プーケット)
a0068278_7115151.jpg
  タイ王国家御用達のこのホテルはプーケット島の最南端にあり、穏やかな
  波が打ち寄せるナイハンビーチは、毎年国王主催の国際ヨットレース
  開催される伝統と格式のあるホテルです。
a0068278_7192430.jpg
                       (公式HPより借り物写真)
  いわゆる、プーケットタウンの中心地周辺に点在する大型リゾートに比べ、
  ショッピングやアクティビティなどの周辺施設の貧弱さからか、賑やかさ、
  華やかさの点では一歩劣りますが、フロンテップ岬に沈む夕日を眺める
  プーケット随一のビーチとその景観は優雅&静かにリゾートを楽しみたい
  という方にはGoodでしょう。
a0068278_719461.jpg
                        (公式HPより借り物写真)
  特筆すべきは各部屋にあるバルコニーの広さ。
  ホテルの構造そのものが、山の斜面を利用した階段状である為
  必然的に階下の部屋ひとつ分の屋根がバルコニーになるわけで
  ビーチやプールに出ずともプライベートコテージの感覚で、
  部屋からのHi-FiーBGMを聞きながらサンシャワーを満喫できること。
  また、最近大きくリノベーションされたとかでHPの写真を見ていると
  ズッズッズィーンとさらに高級感が増して全然違うホテルのようにも見えます。

  中規模ホテルであるがゆえの細かいところまで行き届く万全の
  ホスピタリティ、レストランの食事もバッチリで、タイで最初の
  ダイアモンド賞を獲得した5つ星ホテルだというのも大いに頷ける
  大人のスーパーリゾートホテルです。

  おまけ:オプションツアーで行ったワットシャロン(タイでも高名な寺院)
a0068278_7174488.jpg

  こここぞとばかりに、お財布をすっからかんにして
  訪問した風待ちの数少ない海外リゾートホテル
  モアナサーフライダー(ハワイ)
  ル・トゥエスロック(モーリシャス)
  ラッフルズ・ホテル(シンガポール)

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-05-21 07:40 | 風の旅 ベストホテル

シンガポールスリングat昭南旅館

ご存知「シンガポールスリング」とくれば
いまや世界中の何処でも飲むことのできるスタンダードカクテル
a0068278_1425676.jpg
本家オリジナルを飲みながらアフタヌーンティーを満喫した『昭南旅館』。。。

その名は東洋の神秘に彩られていると作家サマセットモームが絶賛した
『ラッフルズホテル』 サヴォイやリッツなどと並ぶ世界の
超~超一流ホテルとして日本でも憧れのホテルですね!!
a0068278_1431941.jpg
そのラッフルズで生まれたのが、シンガポールスリング。。。というわけで
a0068278_1451558.jpg
冒頭の昭南旅館は、日本が第二次大戦中にシンガポールを占領した際
ラッフルズホテルを軍事旅館にして付けた名前です。残念ながら日本軍は
このホテルに宿泊した古くからの著名人の記録や資料、愛用品などを
破棄してしまう汚点を残してしまった悲しい歴史も併せ持つホテルです!!
a0068278_2235659.jpg
そして、昨年このラッフルズホテルは米キャピタルコロニーに売却されましたが
そのラッフルズブランドが持つ歴史的価値とサービスをそのまま継承し営業継続。
いつかは憧れのラッフルズ。。。と思ってるあなた。。。まずは一安心ですね!!
by kazemachitaro | 2006-02-26 02:25 | 風の旅 ベストホテル

ツァラトストラとファーストレディ。。。

さぁてこの写真の景色、いづこかでみたことありませんか?
この景色に『ツァラトストラはかく語りき』オープニングが流れれば
宇宙ファンタジー系の映画が好きな方はすぐイメージ出来ますね。。。
a0068278_21552947.jpg
ここはハワイマウイにある世界最大の休火山ハレアカラの山頂付近
映画『2001年宇宙の旅』や『猿の惑星』のロケ現場になったクレーター。
富士山よりちょっと低いくらいの高度の高さからか雲(霧)がかかり、光によって
白い雲の茶色い地面を這うように流れていく影の様子を映像で見ると宇宙の
スケール感や神秘性をかもし出して、『ツァラトストラ~』の曲がよりいっそうの
壮大な空間をイメージさせますね。
a0068278_21555482.jpg
ハワイに3000m級の山があること自体イメージできませんでしたが、
車で平地から一気にスカイラインを駆け上がる手軽さと、晴れれば常夏の海を
一望できるロケーション。地上のもわぁっ~とした熱気から開放されるというより
寒い。。。常夏の島にセーターの準備をといわれた訳がわかりました。
a0068278_21561377.jpg
人気なのがこの山頂からマウンテンバイクに乗って麓までの
約38マイルを(約60キロメートル)一気に駆け下りるダウンヒルツアー。
登る自転車はほとんどいないのに、すごい形相をして猛スピードで下っていく
ミステリーもどきの自転車が多いのはそういうことだったのですね。
自転車も特別にタイヤとブレーキの耐久性をアップさせた特別仕様らしいです!!
a0068278_21562954.jpg
ここハワイで宿泊したのはワイキキのファーストレディーと賞賛される
『モアナサーフライダー』。。。歴史と伝統のあるクラシカルホテルの探検に
興味津々でしたが、柱の影から日本人、トイレの中でも日本人、廊下を曲がれば
日本人。。。にちょっぴり辟易。というより、5分間でも日本人に会わないほうが
奇跡に近いと思えるくらい、日本人のウェディングやハネムーンに大人気の
ホテルでした。。。あはっ。。。そういや私もジャパニーズ(自爆)!!

↓ランキング協力願います!! コメントもお待ちしてまぁす!!
にほんブログ村 旅行ブログへ

blogランキング協力願いますa0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-02-24 22:45 | 風の旅 ベストホテル

「モースト・ロマンティック・ホテル・イン・ザ・ワールド」

『インド洋の貴婦人』として、古くからヨーロピアンに愛されてきた島
モーリシャス イギリス王室、スウェーデン王室、モナコステファニー王女、ナオミ・キャンベル等が毎年のように訪れ、バカンスを楽しむスーパーリゾート
ホテルに与えられた称号が
「モースト・ロマンティック・ホテル・イン・ザ・ワールド」
  モーリシャスのワン&オンリー『ル・トゥエスロックホテル』
なのです
a0068278_0282115.jpg
       ※注:このブログ内の写真はすべて公式HPからの借り物写真です

8年前地球の歩き方モーリシャスの中で、ル・トゥエスロックほど第1印象が強烈なホテルは世界でも稀という言葉に。。。当時流行のカレドニアやバハマ方面に行きたいという妻を説得!!

成田~香港(シンガポール)~モーリシャスと13時間あまり
スタッフの最高の笑顔とホスピタリティ、日毎3食フルメニュー入れ替えの
おいしい料理の数々、夜のムードあふれるライブや陽気なセガダンスショー
a0068278_0372037.jpg
建物のほとんどが窓ガラスのないオープンエアで、どのレストラン&バーからも
海やプールが見える居心地の良さ。。。夜には間接照明でムード満点!!

1枚目の写真に見えるように、ホテルメイン棟とプライベートが運河で仕切られ、
橋を渡った小さな島には、2ルーム~4ルームのそれぞれが独立した純白の
コテージが並びエーゲ海のイメージを彷彿させてくれます!! 右側の海岸沿いにも
趣の違った部屋があり、ずっと300mぐらいこのビーチは続いてます!!
a0068278_0405981.jpg
真ん中の4ルームの建物の左下に泊まりましたぁ。。。ジュニアスイートでもこの豪華なバスルーム。昨年リニューアルされたようで、8年前はこのバスはありませんでした。。。わぉッテレビも液晶になってる!!
a0068278_043355.jpg

ホテルが持つプライベートアイランド『イル・オ・セーフ』へは運河の桟橋からボートで10分。扇形に広がる砂浜はトロピカルアイス片手にどこまでも歩け、まさにプライベートビーチ。。。涙ものの美しさです。島にも新鮮なクレオール料理(お魚)のオープンレストランがあり1日ここで過ごせます。
a0068278_044272.jpg

雑誌『海と島の旅』で昨年、フルリニューアルを知り、それまで姉妹ホテルの
ル・サンジェランにしかなかったジバンシィスパ(世界に6ケ処しかない。。。
これで7ケ所目?)
も入り より一層洗練されたとか。。。
a0068278_0462089.jpg

8年前に訪れた時には、続々とオープンする世界の一流ホテルチェーンが
建設ラッシュであり、いまモーリシャス旅行のパンフにはそれらが大々的に
紹介されていますが、世界のファッション雑誌「VOGUE」の表紙を
飾ったこともあるル・トゥエスロックの持つロケーションはたぶん今でも文句の
つけようがなく、間違いなく本当のバカンスがゆったりと楽しめる
スーパーハイセンスリゾート。。。規模のわりに宿泊客が目立たず(日本人の新婚カップルもあまりいない)絶対にお勧めです!!
a0068278_0494084.jpg
ちょっぴり話
褒めちぎりついでにもうひとつ、タヒチ&フィジーやカレドニア、モルジブ、バハマ
などと比較してもいわゆるハイグレードホテルの料金としては意外に安いと思われます!!
モーリシャスそのものが日本ではあまりなじみがないからなのでしょうか。。。
でも、首都ポートルイスのショッピングセンターにはなんと日本のいくつもの大漁旗や5月節句の武者絵のぼりがはためいてて、しっかり日本をアピールしてました!!南インド洋での日本の遠洋漁業の基地なのでしょうか?

風待ちの数少ない海外旅行でもっとも印象に残るホテル、当時デジカメはなく
写したネガ写真はアルバムにがっちりと張り付いてましたので、公式HPの写真を
お借りしてます。これまでのブログイメージとは違う掟破りの海外編その1でした
。。。ということは続きもあり???  ル・トゥエスロック公式HP

注:2006年4月18日現在、上記公式HPでのアクセスが出来ません???
   サイトを探しましたが、公式HPらしきものが見当たりません。HPリニューアルなのかなぁ?
    oneandonlyresortsはHITしますのでこちらで検索もありです。

  ジャパンネットワークツアー現地駐在員伊藤さんのレポートです
http://www.jnt.co.jp/area/mauritius/ito/05.html
http://www.jnt.co.jp/area/mauritius/hotel/touessrok.html


↓ランキング協力願います!! コメントもお待ちしてまぁす!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2006-02-24 02:03 | 風の旅 ベストホテル
line

 のんびり気ままな      ちょこ旅ブログです


by kazemachitaro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31