~風吹くままに 心のままに~

kazemachit.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:風の旅 川越( 5 )

川越氷川神社~婚活パワースポット~

川越のパワースポット 川越氷川神社のご紹介です
a0068278_16121393.jpg
 川越氷川神社は今から約千五百年前、武蔵の国造が大宮の氷川神社より分祀
 川越の総鎮守として篤い崇敬を集め、親しまれてきました。
a0068278_1613731.jpg
 本殿には江戸彫りと呼ばれる関東特有の精緻な彫刻が全面に。。。見応えあり
a0068278_16142160.jpg
 境内の入り口に大きくそびえたつ大鳥居は、木製の鳥居としては
 日本一の大きさで鳥居の社号は勝海舟の筆によるものだとか
a0068278_16152284.jpg
 そもそもの氷川神社ルーツは大宮氷川神社にもあるとおり、
 あの出雲大社に由来するがゆえにいまや縁結びの神様の
 パワースポットとして婚活女性に大人気の神社です。  川越氷川神社ホームページ
a0068278_1616284.jpg
            
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2011-02-11 16:22 | 風の旅 川越

小江戸川越~「つばさ」の舞台

  少し気の早い話ですが、平成21年度前期の某国営局
  連続テレビ小説「つばさ」の舞台となるのが
  いまや年間600万人近くの観光客が訪れる埼玉県/川越市
  関東には小江戸(コエド)と言われる町が
  幾つか点在しますがその中でも人気NO.1なのがここ川越!!
a0068278_2314467.jpg
  美しい蔵造りの町並みやあちこちに江戸期以降の時代々の風景や
  史跡が凝縮されている川越は、散策したい街並みの東日本第二位
  にも選ばれ、まさに小江戸の中の小江戸と呼ぶにふさわしい
  趣きある町なのです。
  連続テレビ小説「つばさ」のオープニングはたぶんこの「時の鐘」かな?
a0068278_2365663.jpg
  というわけで
小江戸川越の景色をスライドショーに纏めてみました。。。!!


人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2008-08-29 23:20 | 風の旅 川越

川越散策  名刹:喜多院

  慈覚大師が830年(天長7)に創建され
  江戸時代初期、名僧天海大僧正が住職をつとめた天台宗の名刹。
a0068278_23305798.jpg
  3代将軍徳川家光公の命により江戸城から豪華な壁画や墨絵で装飾された
  『客殿』と呼ばれる家光誕生の間や、3代将軍家光の乳母として知られる
  春日局が使用していた書院と呼ばれる『春日局化粧の間』
などが移築された
  徳川家との関係の厚い寺院です。
a0068278_23335175.jpg
  他にも多宝塔、慈眼堂、鐘楼門、東照宮、日枝神社など多くの文化財が残る
  埼玉県を代表する寺院として全国的にも有名ですね。
a0068278_23351045.jpg
  ※日枝神社  
  もともと喜多院の境内にありましたが、現在では喜多院門前の道路を隔てて
  社殿が建っています。
a0068278_23363813.jpg
  この地に日枝神社があるのは、慈覚大師が比叡山坂本の日枝山王社
  勧請したもので、東京赤坂の「日枝神社」はこの川越日枝神社から
  さらに分祀した
のだそうです。東京の日枝神社といえば
  日本三大祭り随一といわれる山王祭りが有名ですね。
a0068278_2342841.jpg
  今は分祀された方がとても有名になって、ごらんのとおり小さな社殿で
  喜多院のにぎやかさに比べひっそりとたたずんでいますが、裏側にある
  本社は室町時代の重要文化財らしいですよ!!

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
a0068278_259570.gifにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2008-02-08 23:55 | 風の旅 川越

川越散策  三大東照宮。。。仙波東照宮

a0068278_045740.jpg
  東照宮といわれて思い浮かぶのはもちろん、世界遺産日光東照宮ですが
  実は全国には東照宮といわれるお宮が22カ所もあるようで、
  その中でも、日光(栃木)、久能山(静岡)、そしてここ仙波(埼玉川越)
  東照宮が日本三大東照宮と呼ばれているらしい。。。
a0068278_044127.jpg
  元和3年(1617)、家康の遺骸を久能山から日光へ運ぶ途中、
  隣接する喜多院で4日間法要が営まれたことにより
  住職であった快僧天海僧正によって寛永10年(1633) に建立され、
  火災消失後、再び寛永17年(1640)に再建されたのが、現在残る社殿
  。。。ということは360年前だということです
a0068278_0445384.jpg
a0068278_0453947.jpg
  規模では日光や久能山の東照宮には遥かに及ばず
  特に華美で派手な彫刻などの装飾も少ないここがなぜ
  三大のうちのひとつなのかいまひとつ解せませんが、やはり家康公の
  参謀といわれた天海僧正の建立によるものだからなのでしょうか?
a0068278_0464261.jpg
  でも少ないとはいえ、やはり東照宮、随所にあでやかな彫刻が施され、
  現在は随身門、鳥居、拝殿、唐門、本殿のすべてが国の重要文化財に
  指定されています。
a0068278_0471862.jpg
  ちなみに上野寛永寺の造営をしたのも天海僧正とのこと
  フィクションでは死んだはずの明智光秀とも織田信長とも言われている
  謎多き人物ですね!!
a0068278_0473744.jpg


↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
a0068278_259570.gifにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2008-02-03 00:54 | 風の旅 川越

川越散策  ♪とおりゃんせ♪。。。三芳野神社

  埼玉県川越市にある三芳野神社
  わらべ唄「とおりゃんせ」発祥の地とされています
a0068278_216242.jpg
  ♪ここはどこの細道じゃ 天神さまの 細道じゃ♪
  ♪御用のないもの 通しゃせぬ この子の七つの お祝いに♪ 
  ♪お札を納めに まいります ♪ 行きはよいよい 帰りはこわい~♪
a0068278_2164887.jpg
  江戸時代、三芳野神社は川越城内にあって一般の人の
  参詣が難しかったそうで庶民が参詣できたのは年一度の大祭の時か
  七五三の祝いの時だけだったとか。
  城内への出入りは番所でチェックを受ける必要があり
  行きは楽しみで証拠のお札もあるが帰りは入る以上に厳しく
  チェックされる様を唄にしたと言われています(異説もあるようですが)!!
a0068278_2183384.jpg
  ちなみに現存する社殿は、寛永元年(1624)川越城主酒井忠勝が
  三代将軍家光の命を受けて造営したもので、
  菅原道真が祭られ学問の神様として親しまれて います。

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
a0068278_259570.gifにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2008-01-27 02:25 | 風の旅 川越
line

 のんびり気ままな      ちょこ旅ブログです


by kazemachitaro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30