~風吹くままに 心のままに~

kazemachit.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:風の旅 群馬( 23 )

嬬恋高原プチツー

 紅葉が待ちきれず、ちょっと嬬恋高原まで『嬬恋パノラマライン』をプチツー
a0068278_10152655.jpg
 嬬恋と言えばキャベツ畑、キャベツ畑と言えば『愛妻の丘』
a0068278_10155859.jpg
a0068278_10162623.jpg
 ここから見渡す嬬恋高原から浅間山の稜線の景色は素晴らしい眺めです
a0068278_10214080.jpg
 嬬恋。。。妻恋。。。宣言してみるまでもなく。。。完璧よ、ガハハ!!
a0068278_10221466.jpg

by kazemachitaro | 2013-10-15 10:07 | 風の旅 群馬

少林山達磨寺~達磨張り子誕生の地

a0068278_052088.jpg
 群馬県高崎市にある少林山達磨寺(だるまじ)は、「高崎のだるま市」で有名なお寺です。
 張り子の縁起だるま発祥の地であり、年間約90万個のだるまを出荷し、
 全国の張り子だるまの大多数を占めるそうです。
a0068278_0554271.jpg
 高崎だる まの特徴はまゆと口ひげ。まゆは『鶴』、鼻から口ひげが『亀』を表し、
 縁起のよいお顔立ちの「福入りだるま」として有名です。
a0068278_0533486.jpg
 最もスタンダードな赤いだるまは、魔除けの意味があり、「七転八起」「不撓不屈」のシンボルとして
 耐え忍び起き上がる意味から「忍起」(人気)があります。
 白いだるまは、良縁だるま・寿だるまとして、お祝いごとに(お見合い・ご結婚・新築・開店・還暦等)、
 黄色いだるまは、幸せを呼ぶ黄色いだるまとして、玄関などに置かれてるそうです。
by kazemachitaro | 2013-06-01 01:04 | 風の旅 群馬

迦葉山弥勒寺~日本一の大天狗

 天狗さまひと睨み♫
a0068278_0303515.jpg
 迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ)は天狗の寺として知られ、東京/高尾山薬王院、京都/鞍馬寺と共に
 「日本三大天狗」のお寺とされています。中峰堂には戦勝祈願「大天狗面」・交通安全祈願「交通安全
 身代わり大天狗」が安置され、戦勝祈願大天狗(左)は日本一の天狗面とされています。
a0068278_0361170.jpg
 参拝の際には、中峯堂から天狗の面を借りて帰り、願いが成就したら
 その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納し、また別の面を借りるというならわしがあるそうです。
a0068278_03843.jpg
 創健848年とされ、徳川初代将軍の祈願所として御朱印百石・十万石の格式を許された由緒あるお寺です。
by kazemachitaro | 2013-06-01 00:47 | 風の旅 群馬

SLみなかみ号

 SLみなかみ号の時刻表を確認すると渋川を出た頃
 もう少しすればやってくる距離感でバイクを止めて待つこと10分あまり
 やって来ました、SLみなかみ号C61型蒸気機関車
a0068278_225233100.jpg
 戦後の高度成長期に当時の花形特急「はつかり」や「はくつる」を牽引した
 D51などと同タイプの大型蒸気機関車です
 この機関車1973年に引退し群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園で静態保存されていましたが
 2011年復活。現在は高崎から同僚機D51とともにみなかみ号や碓氷号として、あるいは
 JR東日本管内のイベント列車として出張し活躍しています。
 当たり前にSLが走っていた最後の世代である子供の頃の記憶が思い出され
 やっぱりワクワクしますね!!
        風の旅 SL山口号part1   風の旅 SL山口号part2
by kazemachitaro | 2013-05-06 22:38 | 風の旅 群馬

愛妻&恐妻と温泉記号

 群馬県安中市にある磯部温泉(いそべ)は、かの温泉記号(♨)の発祥の地なんだそうです。
a0068278_0211995.jpg
 なんでも、1,600年代当時、磯部で江戸幕府が出した絵図に温泉記号が記載されており、
 現在これより古い記録が無いことから温泉記号発祥の地とされているというわけです(温泉が古いと
 いうわけではありません)。 その磯部で、さらにおもしろいものを発見!!
 温泉街の入り口にある碓氷川に架かる橋の名前は『愛妻橋』
a0068278_023107.jpg
 温泉街の中心にある土産物屋の看板は『恐妻やきもち』
a0068278_0232248.jpg
 名湯の多い群馬県のなかで、異彩を放つ、洒落っ気のある温泉でもあります。
by kazemachitaro | 2013-04-20 00:28 | 風の旅 群馬

日本唯一 ゴルフ観音

日本で唯一、もしかしたらこの類では世界唯一?
悟留普観音(ゴルフかんのん)と言うのだそうです
a0068278_0191415.jpg
このお寺のある地区はゴルフ場がたくさんあり、ゴルフ場で仕事をする地域の人々やゴルフをする人のための安全と隆昌を記念して安置されたのだそうです。。。密かにゴルフ上達に肖りたい方もこっそり訪れるのだとか!!
a0068278_0202100.jpg
群馬県安中市/全性寺というお寺にあります。
by kazemachitaro | 2013-04-06 00:27 | 風の旅 群馬

新島襄旧宅/群馬安中~『10年後のジョー』~

新島襄、京都/同志社大学の創始者で、NHK大河『八重の桜』のヒロイン
山本八重の二人目のご主人でもある彼のゆかりの場所が群馬県安中市にあります。
a0068278_1384572.jpg
幕末安中藩の下級武士の家に生まれた襄の生い立ちは江戸であり、安中藩江戸屋敷詰めの家柄であったため
安中で生まれ育ったのではありません。したがい、旧宅と称されるのは明治維新以後、生まれ故郷の安中に戻っていた両親を訪ねて、アメリカから帰国した襄が3週間ほど滞在した家のことで、正確には新島襄の両親が安中で約7年間生活をしていた家といった方が正しいのでしょう。旧宅という意味では帰国後に生活拠点をおいた京都に史跡が残っています(後にご両親も京都へ移住されています)。
a0068278_1392100.jpg
それでも、この家が旧宅として脚光を浴びる意味は。。。観光協会の説明によりますと
a0068278_1445069.jpg

①アメリカに留学していた襄と10年振りに家族が再会した

②キリスト教徒となった襄の布教活動がここから始まった(後に安中教会設立:左写真)

③新島八重も4回目に安中に来た時にこの家を尋ねた  

などにあり、ここ安中が新島襄の国内布教活動における出発点であったとのことなのだそうです。


☆新島襄と坂本龍馬
さて、かの吉田松陰は下田から密航を企て失敗し捕縛されたのですが、襄は函館からアメリカへの密航に成功し、維新後は公費留学生として帰国できた。。。そこには彼をサポートする人物がいた!!

そのうちの一人が坂本龍馬の従兄弟である沢辺琢磨。実はこの方、土佐藩士時代に不祥事を起こし、切腹を命ぜられるものの、龍馬の手助けで脱藩。東日本各地を転々とし函館に落ち着く中でロシア正教会の洗礼を受け、やがて新島襄の密航手助けをしたとされる人物なのです。

龍馬との直接交流は無いようですが、研究者の方いわく、つまり坂本龍馬がいなければ、沢辺琢磨は生きておらず、沢辺琢磨がいなければ新島襄の密航は成功せず。。。アメリカで木戸孝允らとの出会いがなければ国禁を犯した襄の帰国はもっと遅れ。。。山本八重との出会いもなく。。。との歴史タラレバ話に行き着くわけですが、紐解いていくと不思議なめぐり合わせというか、面白いお話が出来上がりそうです!!
a0068278_1405538.jpg
☆数字にまつわるエピソード話

①襄がアメリカから帰国し家族と再会したのが10年ぶり。

②襄が密航に成功したのは1864年、吉田松陰の密航事件1854年から遅れること10年

③坂本龍馬とおりょうが日本で初めて新婚旅行に出かけたの1866年
 新島襄と八重が日本で初めてキリスト式結婚式を挙げたのが1876年で遅れること10年
 
というわけで、新島襄。。。10年後に何かを仕掛ける
遅れてきた幕末の志士
『10年後のジョー』とでも言いましょうか(笑)  
そういえば、最近話題の宍戸ジョーさんも
シシ『ど(十)』ジョーですね(大爆)
by kazemachitaro | 2013-03-19 02:26 | 風の旅 群馬

梅見~秋間みのりケ丘TOWN

a0068278_2233713.jpg

秋間梅林があまりにも期待はずれ!! 折角のプチツーの幸先が良くないなぁ、なんて考え込んでいるうちにトイレに行きたくなったので、新幹線安中榛名駅におじゃま!
a0068278_2394290.jpg





でもってビックリしたのが、駅前に広がる素敵な住宅タウン。そういえば、数年前から電車や駅広告で『新幹線通勤、安中榛名』なんて出てましたっけ。
何より、コレ♫↓
a0068278_22361030.jpg
a0068278_22375234.jpg
◯◯の梅林なんて行かなくても、家に居ながらにして紅梅&白梅入り乱れての梅見見物。春を感じるなんとも羨ましい景色。


おまけにエリアを抜ける道の両側にも紅梅が植えられ、散歩するにはもってこいのロケーション バイクでぐるぐると走ってしまいました!!

a0068278_22394320.jpg
決っしてJRびゅうベルジュや東急不動産の回し者ではありませんが、ゆったりとした区画、庭やシャレた外観の家々、煙突(たぶん薪ストーブ)などの個性的なデザインの街並みに魅せられてしまいます。妄想を抱かせる豪勢な作りの住宅展示場の家よりも、よっぽど現実的でおしゃれな家作りの参考になるかも???a0068278_22513010.jpg


都会から新幹線で1時間ちょっと、軽井沢はトンネル超えてすぐ。。。通勤地獄には縁遠く、こんな素敵な環境の中でゆったりと暮らせるなら、六本木ヒルズの暮らしへの憧れ以上にステータスと嫉妬?を感じてしまいます。




  妙義連山
a0068278_23294850.jpg
  秩父連山
a0068278_23301293.jpg
 まあねぇ~庶民底辺暮らしの私には見てるだけぇ~がセイゼイの現実だけどね!!
by kazemachitaro | 2013-03-18 22:22 | 風の旅 群馬

秋間梅林と妙義山

 遅れていた白梅がそろそろ満開との情報にて今年はじめてのプチツーリング
 群馬/秋間の梅林までひとっ走り!!
a0068278_026443.jpg
 紅梅は既に満開で、白梅がようやく咲き始めた感じでしょうか
a0068278_0322270.jpg
 どこぞの観光ガイドにあった山の斜面を駆け上がるかのごとく紅梅&白梅が咲乱れ。。。
 を期待していたのですが、さてどこの場所かと思えるほどあっさり通りすぎて、ちょっと拍子抜け?
a0068278_0385461.jpg
a0068278_0391264.jpg
 それでも、一番咲いていた場所からの妙義山を借景にした景色はGoodポイントです!!
a0068278_0405084.jpg
a0068278_0411789.jpg
 今日、東京で桜の開花宣言が出されました。。。ちょっとせっかち?もうちょっと梅に主役の座を。。。ねっ♫
by kazemachitaro | 2013-03-18 00:47 | 風の旅 群馬

伊香保温泉プチトリップ

久しぶりに伊香保温泉へプチトリップ
草津、水上と並び、古くから上州3名湯として称される伊香保温泉
年間100万人を超す観光客が訪れる全国でも屈指の温泉です
a0068278_023594.jpg
というと、熱海や草津などの一大温泉街的なイメージかと思いきや
なんといっても、石段街の両脇に老舗の旅館や土産物屋が並ぶ
こじんまりとした情緒あふれる温泉街が特徴なのですね。
そんな伊香保温泉は日本の温泉都市計画第一号の町並みなのだそうです。
さて、今回はその石段街から離れたホテル天坊さんへ
a0068278_032032.jpg
a0068278_041390.jpg
a0068278_042839.jpg
a0068278_044381.jpg
a0068278_045333.jpg

料理がとってもおいしく、つかの間の贅沢を満喫しました!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
by kazemachitaro | 2012-05-03 00:09 | 風の旅 群馬
line

 のんびり気ままな      ちょこ旅ブログです


by kazemachitaro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30