~風吹くままに 心のままに~

kazemachit.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

~晋作&龍馬の駆けた街 下関~part1 青春交響の搭

幕末。。。風待ちの好きな時代  
     晋作と龍馬。。。風待ちの好きな志士
          下関。。。2人の接点が最も多かった街


幕末から明治維新にかけて、新しい日本という国家を作らんと多くの志士が
駆け抜けた港町:下関。維新の史跡を中心に20年ぶりの下関を晋作と龍馬に
まつわるエピソードを紹介しながら訪ねたいと思います。

☆青春交響の塔
a0068278_2303642.jpg
維新発祥の地・下関のシンボルとして、目の前を関門海峡が通るアルカポートに
平成15年(2003)に完成したモニュメント。幕末の2英傑と言われる二人の
志士、高杉晋作と坂本龍馬の刀をイメージした二本の石柱(高さ十メートル)からなり、それぞれの刀にはレリーフが埋め込まれ、天に伸びるその姿は二人の友情と明治維新への志を表現しているとか。
a0068278_231407.jpg
晋作の指揮する奇兵隊、龍馬の指揮する亀山社中(後の海援隊)
第二次長州征伐の幕府軍に対抗すべく、晋作は龍馬に応援を要請。快くこれを引き受けた龍馬は亀山社中を率いて参戦し、両者は幕府艦隊への奇襲攻撃や幕府の拠点であった小倉城を攻めて、長州の勝利へと導きました。この戦いでの2人の活躍は四面楚歌の状態であった長州の危機を救うとともに、一気に倒幕への道を加速させる胎動となりました。
a0068278_233185.jpg
土佐藩を脱藩した坂本龍馬は長崎、下関を活動の拠点とし、その間、長州藩の高杉や木戸孝允、伊藤博文、山縣有朋、薩摩藩 西郷隆盛・大久保利通などとの交流を深め、特に龍馬は晋作を「天下之人物」と評し、年齢も近く、お互いが引き付けられる様に親交を交えたとか。晋作からプレゼントされた拳銃で、京都/寺田屋事件の危機を逃れる事ができたとの逸話は有名ですね。 
a0068278_2355633.jpg
2人は明治維新への大きい流れを生み出しながらも維新目前の慶応3年
          晋作:4月14日(1867年5月17日 病没)
         龍馬:11月15日(1867年12月10日 暗殺)

         くしくも同じ年にその命を全うすることとなります。
a0068278_23223184.jpg

                                         
↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-31 23:31 | 風の旅 維新

春は鮮やか菜の花畑。。。東経130°51′37″!!

角島を後に下関方面への国道の途中、本州最西端『毘沙の鼻』なる看板発見
。。。急ぐわけでもなしのんびり行ってみるか!!

東経130°51′37″山口県下関市にある『毘沙の鼻』 
どうやら、ここが本州最西端の岬らしい。。。
a0068278_2146597.jpg
展望台からの響灘。。。穏やかで透明感のある海、
いやぁ~うららか。。。うららか。。。
a0068278_21471340.jpg
a0068278_21472050.jpg
本州の北、南、東のそれぞれの位置関係はというと
a0068278_21474019.jpg
なるほど。。。おまけに、いろいろとうんちくがあるよーで!!
        ①本州で一番最後に日本海(響灘)に沈む夕日が見られる
        ②観光協会に申請すると証明書を発行してくれる
        ③途中の産廃処理場から岬の岩場まで降りていくと
          正真正銘の最西端の地の石碑が波をかぶりながら
          立っているがそこまで行く人はいないらしい
 
でも、一番春を感じた景色はこれでしょうか。。。
遊歩道の途中から広がる響灘をバックにした一面の菜の花畑
a0068278_2148294.jpg
菜の花の黄色とうすく春霞のかかった響灘と空の青さの絶妙なコラボレート。。。
a0068278_21481981.jpg

        春は鮮やか菜の花畑で 雲などながめコップ酒
                  ~♪~♪~♪
        憧れ求め さまよう胸の 燃える想いを伝えん
        たどりつくやら着けぬやら 人生旅的途上
                            。。。by河島英五
a0068278_21483673.jpg

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-30 21:58 | 風の旅 山口長門

角島シリーズpart5~美しきかな角島大橋~

角島シリーズ最終回はやっぱりこの景色です
先日の曇天の角島大橋へのリベンジが叶いました!!

朝日に照らされてた橋脚 コバルトブルーの海に優雅な白いライン
a0068278_21593414.jpg
じゃらん中四国版、もう一度たずねたい感動の景色で1番になった理由が
そこにあります。。。とても山口県の日本海とは思えません
a0068278_21595897.jpg
先日のブログに頂いた情報では、トヨタレクサスGS450も
CMや公式サイトのプロモーション:ジャーニー編で角島大橋を疾走するシーンが
あるとか。。。昨日CMで初めて見ました、ほんの一瞬ですがこれ ↓ と同じ
シーンが。。。
a0068278_220185.jpg
ぜひぜひ、ご覧あれ。。。いやレクサスでなく角島大橋ですよ!!
a0068278_2203348.jpg
朝日に染まる響灘にお目覚め前の角島大橋
a0068278_2204580.jpg

角島大橋の詳細:ビューティフルブリッジ

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-29 22:06 | 風の旅 角島

角島シリーズpart4~角島灯台『奇蹟の光』~

夜の角島灯台。。。
イチロー張りのレーザービームにレンズが照らし出す光が
交差しながら周囲を浮かび上がらせる光景は息を呑む美しさ!!
a0068278_22385814.jpg
映画『四日間の奇蹟』の舞台。。。まさに奇蹟の光
a0068278_22391345.jpg
今までいくつかの夜の灯台を見てきましたが、
ここの灯台レンズが作り出す光の美しさはすばらしくファンタジック
とても明治初期に作られたレンズとは思えません。
a0068278_22392710.jpg
波の音をBGMに6本の光が交差する空を見上げれば満天の☆☆☆!!
いやもう、お口ぽぉっかぁ~んで時が経つのを忘れさせてくれます。
(風待ちのテクではお星様は左上にちょこっと
...iso感度が低すぎました。。。トホホ)
a0068278_22394070.jpg
是非、天気のいい夜に出かけてみてください。
風待ちのテクではお届けできなかったこの光景が堪能できますよ!!
借り物写真:おいでませ山口観光写真から
a0068278_22395545.jpg

というわけで、いつの間にやら朝日が。。。
a0068278_2245583.jpg
今年2回目のご来光、いいことあるかなぁ~ぱんぱん!!
参照:風待ちブログ:角島のランドマーク
           角島シリーズ最後の次回は角島大橋リベンジです!!

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-28 22:58 | 風の旅 角島

角島シリーズpart3~角島大橋夜景~

再び角島大橋へ。。。
惚れちゃったものは仕方が無い。。。片道200キロもなんのその
角島に近づくにつれて、春の夜空には北斗七星が見え
まるで恋人にでも会いに行くかのような気分。。。こりゃ期待できるぞぉ!!

角島大橋や周辺の西長戸リゾートについては先日のブログビューティフルブリッジ
紹介しましたので、今回は角島大橋の夜景から。。。
a0068278_2150736.jpg
海の上をオレンジの照明灯が連なり消えていく光景は
角島大橋の美しいシルエットラインをいっそう引き立たせています。
a0068278_21355994.jpg

次回は夜の角島灯台です。。。

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-27 21:52 | 風の旅 角島

出会えてよかった。。。春の旅立ち

春。。。卒園式
a0068278_143234100.jpg

2つの幼稚園を経験したMy son
4歳の春、2つ目の幼稚園に転入した時には毎朝泣いてたっけ。。。
転勤となった風待ちはその光景を見ていない。。。
元気に行けたら、じいじがトミカをポストに1台ずつ入れてくれてたらしい
一挙に増えたトミカはもう押入れの中で散らばっている!!
いやぁ、大きくなったものだ!!
a0068278_14124240.jpg
ありゃ。。。教室で子供達より先に泣いているせんせいにもらい泣き。。。
泣いている子は女の子でも数人。。。いいんだよそれで
a0068278_14131516.jpg
せんせいにとっても初めての卒園らしい。。。
そのせんせいが教室のボードにこんな贈る言葉を。。。
~みんなと出会えてよかったです~
a0068278_14324860.jpg

   ブログサブタイトルと同じ。。。嬉しくなっちゃいます
   よかったね。。。ことばをきちんと伝えてくれるせんせいに巡りあえて
a0068278_14331232.jpg
              (3/25快晴のひびき灘。。。海の菜の花)

      おせわになりました。。。ありがとうございました~
      お礼の挨拶に伺ったせんせいの涙顔になぜかしらドキドキ。。。!!

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-26 14:46 | 雑記

空弁(駅弁)紀行part6 華御膳(羽田限定版)

3月20日の空弁紀行
本日は羽田空港限定『華御膳』
a0068278_3294730.jpg
台風並みの強風から一夜明けて、朝から快晴の羽田から朝食用の空便
『華御膳』を買ってくつろぎのひと時
a0068278_330357.jpg

赤飯、酢飯、十二穀米、銀カレイ、ハス、南瓜、あさり、卵、筍、椎茸、里芋
ごぼう、こんにゃく、チキンボール、花人参、山くらげ、海老
。。。具沢山てんこもり!!

お隣さんから見れば、朝からよく食べるなぁ~と思えるほど、春を感じさせる
お弁当の彩りが、機内での束の間の幸せをあじあわせてくれました!!

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-26 03:34 | 風の旅 空弁・駅弁

青海島 海上アルプスの冬

一昨日、昨日に続き、青海島を紹介します。。。
島の半分を過ぎたところで、ここからは陸地の遊歩道から見た冬景色です
少し曇りがちだったこともあるのですが、夏と冬では海の青さが全然違いますね

☆セムラ 東山魁夷画伯による皇居宮殿の壁画
ここの景色がモチーフだとか
a0068278_0343281.jpg

☆カモメ岩
 カモメがよく止まっているからカモメ岩(たんじゅ~ん!!)
a0068278_0354756.jpg

☆十六羅漢(じゅうろくらかん)
  
a0068278_0363235.jpg
16人僧侶に見えますか? んにゃみえまっせーん、ちょっとドサクサ紛れ!!
a0068278_0364930.jpg

☆変装行列
 奇岩、怪石(怪物?)が列を成して陸へあがるように見える?
a0068278_0391554.jpg

☆仏岩(この写真は夏の遊覧船から) 
  岩全体が袈裟をかぶったおぼうさんが手を合わせている?
a0068278_042030.jpg
といわれても、よく分からないので、参考写真(青海島観光汽船株HPより)から
衣を着たお坊様が右向きで少し後にそりながら、海に向かって手を合わせている?なんだか、ウルトラマンのスペシウム光線みたいですが。。。
a0068278_0422729.jpg
青海島の海岸クルーズはこの仏岩が最後、実はさらにこのお坊様の頭の部分を
よく見てみると、こちらに向かって手を合わせて居られる仏像になっているとか。なるほど、まるで青海島海上アルプス観光お疲れ様でした。。。お気をつけて。。。と言われているような気がしますね。

いかがでしたか、一昨日からの青海島海上アルプスの旅
        。。。周辺には温泉も多く、是非是非、お勧めのエリアですよ!!
 
では、最後にこの写真。。。さて、なんと呼ばれているでしょうか
a0068278_044078.jpg
 1)象の鼻  2)象の前足後ろ足  3)ゴリラの左手

答えは。。。
by kazemachitaro | 2006-03-25 01:01 | 風の旅 山口長門

青海島 グランブルーの海

青海島の海上アルプスと賞される海岸線を2回に渡って紹介しまぁす!!
北長門国定公園 青海島は周囲約40km、日本海側では佐渡、隠岐に次ぐ
大きさで、約9000万年前の火山活動によってできた島です。
a0068278_1123577.jpg
北側のリアス式海岸には、荒波によって様々な形に侵食された断崖・絶壁・洞門・岩礁があちこちに見られ、日本でも大変珍しい場所で、サスペンスドラマのロケ地でも人気だとか。それでは、昨夏の観光船からの景色からどうぞ。
a0068278_113722.jpg
この船ピンクシータス(写真参:青海島観光汽船株式会社さんより)に乗りました。。。なんともハデ派手!!

☆筍岩 筍の頭に見えますか
a0068278_1132052.jpg

☆赤い岩島周辺 その名前のとおり岩肌が赤く染まってます
a0068278_1133855.jpg

☆黄金洞 青海島観光船のハイライト 洞窟の中へと船が入っていきます
(下の1枚目写真は参:青海島観光汽船株式会社さんより)
a0068278_114751.jpg
見上げる洞窟と岩盤のダイナミックさが伝わりますか?
a0068278_1143070.jpg
二つの洞穴は中で繋がっていることから夫婦洞とも。
a0068278_1144592.jpg

☆大門小門 この辺りから続く海岸線は多くの海食洞がありカヌー(カヤック)で
巡るツアーも大人気だとか。。。
a0068278_1151083.jpg
もちろん、小型の観光船は波が穏やかで満潮の時にはこの下をくぐってくれます。
a0068278_116565.jpg
海食洞を作った日本海の荒波がウソのような夏の日差しにきらめく
美しいコバルトブルーの海。。。ダイビングスポットとしても大人気だとか。。。
a0068278_1162620.jpg
まるで、映画『グランブルー』の景色です!!

次回は後半のハイライト、陸の遊歩道からの冬景色を紹介しまぁす!!

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-24 01:30 | 風の旅 山口長門

青海島 不思議発見~象の鼻は象の足~

昨夏「海上アルプス」の名前に惹かれて訪ねた北長門国定公園 青海島
遊覧船から見た『象の鼻』の写真に写ってた右上の遊歩道を歩きたくて。。。
再び青海島へ!!
a0068278_1231012.jpg
昨夏の観光船の説明で『象の鼻』といわれた景色。
ほっほぉ~たしかに象を斜め前から見た感じで、大きい鼻、頭、前足、後足の
各パーツも揃って、まるでビッグなナウマン象。。。がしっかりイメージできます。

ところが。。。半年後、今回遊歩道から見た景色
a0068278_1243129.jpg
そこにあった案内板には確かに『象の鼻』。。。少し前を行く団体さんのガイドさんは
象が水を飲む様子に見えますねと。。。なるほど!!

満足納得で家に帰って、二つの写真を見てふとした疑問が!!
いったいどっちが象の鼻。。。???
a0068278_1413567.jpg
なんと。。。遊歩道から見たこの『象の鼻』は、観光船から見たときには
『象の足(後ろ)』なのです(笑) うひゃひゃぁ~青海島の不思議、新はっけぇん!! 
どうですか、皆さんもそう見えませんか~象の鼻といわれてインパクトあるのは
海上から見た写真の方が圧倒的にあるような気が。。。!!

おまけ:
そこで思いつきました。。。遊歩道から見える
象の鼻は、別名『ゴリラの背中(象の鼻は左手)』ともいわれ。。。???
なぁんて、このネタ、長門(青海島)観光協会?採用してくれないかなぁ~にょほっ!!

さてさて、次回は昨夏の写真とあわせ
青海島の海岸線のすばらしさを改めて紹介しまぁす

↓ブログランキングご協力お願いします!! コメントもお待ちしてまぁす♪
にほんブログ村 旅行ブログへ  a0068278_259570.gif
by kazemachitaro | 2006-03-23 01:55 | 風の旅 山口長門
line

 のんびり気ままな      ちょこ旅ブログです


by kazemachitaro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー